歯科医師国家試験対策のデンタルオレンジ
Larutan
歯科医師国家試験対策のデンタルオレンジ
Larutan
歯科医師国家試験の基本事項

歯科医師国家試験および合格発表の日程

試験は毎年1月の最終週または2月第一週の土日(2日間)
試験地:北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、福岡県 
正式な試験日については毎年7月に公表されます。
また試験会場は試験直前に受験票が届くまでわかりません。
 
 合格発表は毎年3月中旬(18日前後)
結果の確認方法は2種類です。
1)インターネットで厚生労働省のHPを確認する
2)厚生労働省や地方厚生局に直接行って確認する
 
結果がわかったら、早めに研修先にご連絡を入れておきましょう。
また発表から2〜3日後に結果の通知(はがき)が届き、自分の得点を確認することができます。
 

歯科医師国家試験の出題範囲

試験の出題範囲は「歯科医師国家試験出題基準」に定められています
出題基準は4年に一度、改定されます
第107回から第110回の出題範囲はH26年版歯科医師国家試験出題基準によって定められていました。次回、第111回は新たな出題基準(H30年版)となります。出題基準は厚生労働省のホームページからダウンロードが可能です。
 
平成30年版歯科医師国家試験出題基準について(厚生労働省HP)
 
 出題基準は「ブループリント」「必修の基本事項」をチェック!
ブループリント
「歯科医師国家試験設計表」です。
どの分野がどの程度出題されるのか、対策の計画を立案するためのヒントになります。
 
必修の基本的事項
範囲が特につかみにくい必修。ざっとで良いので一度、出題基準を眺めてみましょう。おおよそのイメージがつくと、効率よく勉強に取り組めます。
 また歯科医師国家試験に出題される可能性がある検査項目は「主な検査項目の表記」にまとめられています。このうち基準値を覚える必要がある検査項目は「必修の基本事項」の中に「基準値を理解するべき検査項目(基準値を明記しない検査項目)」として掲載されています。
 

歯科医師国家試験の問題形式

Aタイプ、X2タイプ、XX(スーパーX)タイプ
Aタイプ:5つの選択肢から「1つ選べ」 
X2、X3X4タイプ:5つの選択肢から「2つ〜4つ選べ」
XXタイプ:5つの選択肢から「すべて選べ」
 
計算問題、LAタイプ、順番問題
計算問題:計算結果を数字で解答 
LAタイプ:6〜10の選択肢から「1つ選べ」
順番問題:手順を正しい順番に解答
 
 必修問題、一般問題、臨床実地問題
必修問題:基本的な事項を問うもの。見た目は一般問題と同じ感じ。 
一般問題:一般的な知識を問うもの。写真付きのものも近年増加。 
臨床実地問題:各症例についての情報を問題文や写真から読み取り解答するもの。

※ 111回歯科医師国家試験から新たに追加される形式