歯科医師国家試験対策のデンタルオレンジ
Larutan
歯科医師国家試験対策のデンタルオレンジ
Larutan
過去の歯科医師国家試験データ

第106回歯科医師国家試験合格発表について

   

■合格率:105回歯科医師国家試験とほぼ変わらず

 
  出願者数 受験者数 合格者数 合格率
新卒者  2786 2373 1907 80.4% 
既卒者  978 948  459 48.4%
全 体  3764 3321 2366 71.2% 

※既卒者データについては公表されていないため、弊社で算出

 
 全体の合格率は71.2% (参考105回:71.1%)→ほぼ変わらず
 新卒者の合格率は80.4% (参考105回:81.4%)→ほぼ変わらず
 合格者数は2366人 (参考105回:2264人)→102人増加
 不合格者数は955人 (参考105回:962人)→ほぼ変わらず
 

■合格基準:105回歯科医師国家試験と同一の5つの基準。A領域・C領域ボーダーは6割を切る一方で、B領域ボーダーは約74%と高くなる。

<第106回歯科医師国家試験の合格基準>
一般問題(必修問題を含む)を1問1点、臨床実地問題を1問3点とし、
次の(1)〜(5)の全てを満たした者を合格とする。 
 (1)  領域A(総論・各論 I )  66点以上/127点
 (2)  領域B(各論II・各論III) 129点以上/175点
 (3)  領域C(各論IV・各論V) 119点以上/199点
 (4)  必修問題         56点以上/70点
   但し、必修問題の一部を採点から除外された受験生にあっては、
   必修問題の得点について総点数の80%以上とする。
 (5) 禁忌肢問題選択数      2問以下

 
<105回との比較>
 (1)領域A 66点以上/127点(52.0%)
   105回 領域A 82点以上/124点(66.1%)
 (2)領域B 129点以上/175点(73.7%)
   105回 領域B 130点以上/176点(73.9%)
 (3)領域C 119点以上/199点(59.8%)
   105回 領域C 128点以上/200点(64.0%)
 (5)禁忌肢問題選択数 2問以下
   105回 禁忌肢問題選択数:2問以下
 

■採点除外等:全10問で105回歯科医師国家試験より3問増加。必修除外は3問で105回の0問に比べて増加

<第106回歯科医師国家試験における採点除外等の取扱いをした問題>
  A問題  問11 問18 問73 問77 問116
  C問題  問31 問109
  D問題  問23 問27 問51
 
<除外理由別の一覧>
・必修として不適切→不正解者は除外:A11、A18、C31
・設問が不適切→採点対象から除外:A73、A77、A116
・適切だが難しすぎる→採点対象から除外:C109
・複数正解:D23、D27、D51