歯科医師国家試験対策のデンタルオレンジ
Larutan
歯科医師国家試験対策のデンタルオレンジ
Larutan
歯科医師国家試験の基本事項

かつてないほど厳しい国家試験
どうかご家族で応援を

 
歯学部を卒業したら最低でも24歳。
「もう大人なんだから、自分でなんとかしなさい」
そのお気持ちもわかります。
 
ただ、ここ数年の歯科医師国家試験はかつてないほど厳しい状況となっています。
不合格となった場合にも、必ずしも本人の責任といえないようなケースも見受けられます。
この大きな壁を乗り越えるにはやはりご家族の応援が欠かせません。
 
このページでは、これまで見てきた様々なご家族のケースから学ばせていただいたことをお伝えしていきます。
本人はもちろんのこと、ご家族全員で喜びの日を迎えられるよう、少しでもお力になれば幸いです。
 

コラム:歯科国試受験生保護者向け

経済的援助は早めに本人とご相談を

 いきなり「お金の話」で恐縮ですが、現実問題として保護者の方が受験生をサポートするのに欠かせない要素でしょう。 
「お金をかけないと、国試対策ができないのか」 
もちろん本人の努力でカバーできる部分はいろいろとあるでしょう。 

 

多浪生の親御さんに共通すること(1)

 一年でも早く歯科医師免許を手にしたい。この気持は受験生本人はもちろんのこと、受験生を支えるご家族も同じでしょう。
 
しかし残念ながら、受験生の中には何年も何年も不合格を重ねてしまうケースがあります。

 

多浪生の親御さんに共通すること(2)

 実際にあったこんな事例
何年も予備校に通いながら、毎年真剣に取り組むのは前半だけ。少し成績があがると緊張が一気に抜けて、後半失速。予備校に来てはいるものの、現状維持程度の学習しかできていない。
大学に入学するまでにも時間がかかっていたため、彼女はすでに30歳になろうとしていました。